ブログdeじゃむたん通信

日常やちょっとだけボードゲームのことなどゆるーくお伝えします

July 2008

ゲーム会をやってきました。

今日はボードゲームをがっつりやってきました。

朝9~夜9。
(途中、昼が2時間あり)

参加者はシヴさん、侍、提督、自分の4人ゲーム。
今回はカードゲームなど簡単なゲームを数まわすという裏テーマがありました。
それに伴って、ゲームのプレイ総数が結構多い気がします。

ということで、ゲームのダイジェスト。

・ピーパー
先日から結構はまっている牌型限定大貧民(?)。
チップを導入して4人プレイ。サシとは違った流れになります。
人数が増えるとボム率が低下、ボム2率はほぼ皆無(1回出た)。
その代わり、X入りの長いストレートが戦略の基準に。
序盤から牌が結構良く、チャレンジも成功して大量得点。そのまま逃げ切って大勝。

・ザラムヘラ
カタンのちょっと変形版。殆どのルールはカタンと同じで、神殿に石を置く建築が追加されています。
勝利点が12点になっています。初期配置でシヴさんとガチンコになるかなーと思ったのですが、外側を取っている状態で伸び放題。
シヴさんが真ん中なので侍が伸びてきたら、伸び場所ないかな、という展開になるはずが、気が付くと私とシヴさんだけが伸び放題。
提督は12を囲むという初期手をそのまま継承。
シヴさんに道王を取られた状態で苦戦するも、順調に街化&村増やしに専念。
中盤、麦ばっかりで捲くったときに提督が独占で麦を16枚取得したりと様々な見せ場がありましたが、最後残り2点の状態でカードが16枚。
港もあるしどうにかなるかな、と並べてみたら何とかなりました。トップで終了。

・暴走スノボー
スノボーでゴールを目指すはずが、結局誰もゴールできない状態に。
序盤から打つ手を間違えて、自分の持っているカードの端のほうを移動していましたが、考えるとそれだけで逃げ切れるはずがなく。
雪男の出番が来る前に他の人の雪玉に当たって撃沈ボーナスも貰えず、あっさり3位。雪玉を頑張って当てたシヴさんの勝利。

・インフェルノ
カードを貰うと失点するゲーム。最初に赤カードを豪快に貰い、そのダメージを引きずって終了。
シヴさんが低ダメージで勝ちました。自分は2位。

○お昼
2時間あったので、ハンバーグガストに行ってきました。
内容はこのひとつ前の日記にある「3段ハンバーグ」。
豪快であります。
チーズ、目玉焼き、ベーコンがトッピングです。
これで1000円を切るのは破格の安さであります。
ということでガッツリ食べて午後の部。


・パンダゴリラ
序盤~中盤の配置の仕方が色々間違えていて、後半には1コマを適当に配置するだけにとどまる。
中盤に大きな草原が変な形で出来て沼だらけになる。全員拮抗した状態で終盤を迎えるも、逆に適当に配置した1点コマがそれっぽく機能して低得点で1位。
キー牌を掴まず、他人のも止めない代わりに中途半端な展開になったのが良かったのかもしれません。

・レディボーン
ボーナンザのちょっと特殊版。レディな豆と子供豆があります。6のレディは必見です。おばはんです。
本当の序盤に提督が畑を買い、自分も6の豆をすぐに換金して畑購入。コレが後半まで有利に働く。
かなり進んでいた侍が子供罠に掛かっていたので、そのまま漬かってもらうことにして止めて終了。
気が付くと後半の伸びが良く(レディが良く使えた&6換金が2回成功)、終わってみたらギリギリトップ。
ボーナンザをある程度やったことある人は違った感じでプレイできておすすめです。

・アダムの祖先
地層堀型タイルゲーム。序盤から3点タイルを中心に集めていくも、赤を取るたびにマイナス。
赤は最後に+6が入ったのでよかったのですが、それ以外に見せ場がなく。
青がある程度取れたのと、黄色を殆ど集めなかったのが見た目よりも点数が高かったポイントでしょうか。
ストップやダブルは侍が使い捲くるも、ウマーという状態になりづらく、流れをつかめず。
最後に手番の流れで金を2枚貰い、最終追い上げを自動的に貰ったため、ギリギリトップ。
展開だけで勝たせてもらいました。

・大道芸人
点数取り合いパーティゲーム。あっさり感が好きです。
序盤から苦戦する状態になり、何度も立て直すもすぐに奪われる。
点数は拮抗してるものの、徐々に提督が点差を開いていく。ただトップに集中攻撃をしようにも、わたあめと展開妙なので難しい。
最後にスタートからライオンが2枚も居たのでチャンスだったはずなのですが、様子を見ているうちにシヴさんがゲームを終了させて出番なし。
終わってみると堂々のビリタイ。提督の勝ち。

・タイムパイレーツ
時代を移動しながらあれこれ盗む、時空賊。但しタイムパトロールがガンガンやってきます。
序盤はタイルが多いのでまったりとした展開。タイルがなくなってくるとTPが動き出します。
3ラウンド行うのですが、1ラウンドの終了が読めないため、いっきに終わりに近づく可能性も。
序盤、紫の高い契約を行い、そこから息切れ。あまり他の契約をすることなく1年目終了。
侍は0点のままでした。高得点を取りに行こうとする自分と、安いものでまわすシヴさん、提督。
点数配分を考えると高得点の方がいいような気がしていましたが、ジョーカーと色独占が必要でした。
途中、TPに何度も追いかけられて手番を損している間に2年目終了。
じりじりと離されていきます。
3年目はタイルがあまり無いので、TP大活躍。縦横無尽に走り回ってドキドキ状態です。
対してタイルを取得できないまま、3年目が一気に終了。あれこれ取れずに3位。シヴさんの勝ち。

・おんぼろ橋
この橋渡るべからず、というくらいのグラグラした橋です。
サイコロを振って橋を渡っていきますが、ドラゴンがたまに柱を壊します。
苦戦して中々進めなかったのですが、何とか赤いドラゴンを退治しました。
ここから快進撃かと思いきや、あっちこっちでドボンドボン全員落ちる。
終盤はのこり1つまで行き、サイコロの目で2分の1で勝てるところを勝ちきれず、提督が奇跡の逆転勝利。

・ヤギ戦争
上限を決めつつ、ヤギを集めていくゲーム。
序盤から5のカードを大量獲得する厳しい展開で、2回も都合0点が続く。
ここからの復活は難しく、終始上手くまわしたシヴさんの綺麗な勝利に終わりました。
オーバーしそうな展開で50を毎回持っているって、一体。

・ゴイタ
自分&侍 VS シヴさん&提督
えー、何回かやったのですが、1回も王を見なかった。
というのも、大体王は提督のところにありました。
手も足も出ないまま終了。終わってみると120対20で豪快に負けていました。








サシゲーム大会

今日も自宅サシゲーム大戦でした。
中々のガチンコ勝負でありました。
以下、ダイジェストでお送り。

・スペースビーンズ
序盤からカードの状態がよく、後半までそれが続く。この状態で大勝かと思ったら、意外と辛勝。1手早くてギリギリ勝利。

・おばけだぞ~
記憶ゲームですが、途中から提督のコマを完全に見失って間違って、こっちのブラフのためにゴールまで近づける。と、これが元でそのまま負ける。

・チケットトゥライド(スイスマップ)
スイスはトンネルだらけです。線路引くのも運の要素が必要というシリーズでも不思議な仕様。2人プレイということもありマップが広く使えます。序盤からドイツ~イタリーラインを確保して後はお題を多数引きながら終了に向かう。提督はフランス~オーストリアの長距離ラインを作って居ました。お題の量で結果大勝。ある程度確保できれば、あとはお題勝負といった雰囲気です。

・ルミプラス
ルミの拡張版だけど、そのままで2人プレイ可能というコアファイターみたいな感じ。ブロックを積み上げて域、積み上げたものを逆の場所に配置しなおすゲーム。この手のものは提督が苦手なのも相まって、2シナリオをやるも両方勝つ。

・フィッシュイートフィッシュ
クニツィアの魚食いゲーム。移動と勝負のシステムがクニツィアらしい感じです。中立を食べつつ、気が付くと中立が全滅。そこから提督との食べ勝負になり、初手は負ける。サメは相打ちで使い切り、残りは大型数字で勝負というところになり、これも相打ちだと初手の負け分で勝てない。
ここで閃いて、タコで避ける。その後同じ事をやられる可能性があり、タコを避けるために下カードで潜っていく。ここでタコ以外を出されたら負けなんですが、何とか成功して辛勝。

・チケットトゥライドカードゲーム
実は記憶ゲームという、チケットトゥライドのカードゲーム版。自分で確保した路線を覚えてられません。お題からカードの方向性を覚えていくより、オールマイティカードを大量に突っ込む作戦に出て、提督との潰しあいを避ける。お互いカードの確保を順調にやりつつ、お題追加を行う。終わってみると、お題カードよりも線路カードがあまり捲くってもったいない状態に。オールマイティが4枚も余った。提督は大型ラインを幾つも成功させ、終わってみると僅差で負けていました。ニューヨークを確保することだけにこだわりすぎた。

・ヘキセンレンネン
魔女の移動ゲーム。ダミーが2人分居るということで、これが強力なランダムアイテムに。序盤提督がダッシュをかけ、あちこちでいい流れで走っていく。中盤に自分の10タイルを止められたので、自分も発見した提督の10タイルを止める。これをずっと引きずったために相当有利な展開に。その後残った1コマを逃がす間に提督がダミーの魔法をくらいまくってビックリするほど行ったりきたり。それが効いて勝利。

・ピーパー
今日の締めはピーパーでした。ちょっとお気に入りであります。
あけてみるとボム1を大量に持っている、が15が1枚もない。Xは2枚持っている。この状態を整理すると、最強のボム2が提督の中にある。
逆に言うとボム1は殆どこっち。一回高めのイーペーコーで手番を取ってから、ボム1で流し捲くって最後に2枚の状態に。ここまでやって気が付いた。ボム1を沢山持っているって事は、手番を渡しても取り返せるから途中で半端の2枚を出せばよかった。この失敗により結果-5で負け。

じゃむたん定例会

ということで、久々となるじゃむたん定例会であります。
参加者は侍、提督、自分。
以下、ざっくりとした感想。

・ボーナンザ
提督が20を集め、侍と自分が被り気味な展開。6は爆弾にならず、全員が2枚ずつつかって余りませんでした。全員譲り合い&様子見合いの展開で、強烈な差も出ないまま、終盤を迎える。最後に提督と大量交換の交渉が成功し、お互い点数が入ってトップで終了。

・バトルライン(VS侍)
殆どストフラの作れない展開。キーポイントで8910(ダリウス入り)を作られ、裏切りで飛ばしたら霧使われたという序盤から戦術カードガチ対決。あちこちで苦戦しながらギリギリタイに持ち込んでいましたが、キー牌を全く引かず、とめることも出来ず、そのまま4対5で負けました。
問題は本当に序盤に何となく天元に置いた、5。こういう何となくが後まで響いた展開でした。

・お昼
大量のソーメン。暑い日に食べると美味しいです。ちなみにすりゴマの入ったツユが美味しかったです。

・ケーキ
侍がケーキ買って来てくれました。しかもうち1つはメロンを豪勢に使った、まるごとメロン。大変おいしゅうございました。

・パンダゴリラ
食事後の定番ゲーム。序盤から大ゴマ使用→帰ってくるという恵まれた展開に。提督はタイルの流れが非常に悪く、手番では良いものが来ない上、他人には必要タイルを連続で使われたり。中盤からあちこちで適当に配置しながらコマを蒔きまくって、そこそこ回収してトップにて終了。

・ヴィネタ
海に島が沈んでいくゲーム。担当コマを見たら紫でした。そして自分の担当区域をみたら、やたらコマが沢山。これはターゲットになりやすいなーと思っていたら、やっぱり提督も侍も全力で潰しに来る。5回ほど何とか耐えるものの、流石に耐え切れずに海に沈む。ちなみに後でよく見たら、自分の区域そこじゃなかった(とっくに沈んでた)。後は相乗りでコマ回収が微妙に多い状態になり、最後の区域に誰も残らなかったのでコマ数勝負。なんかこう、思ったとおりに全くなりませんでしたが、何となくトップ。

・ギルド革命
タイル配置の勢力ゲーム。序盤から中盤まで、全員何となくタイルを配置する。後半になって配置するタイルがなくなってきて「あ、この流れやばい」と気が付いた頃にはあちこちガチガチに。多くの場所でトップを取ったものの、教会を沢山使った提督が2位も上手く取ってトップに躍り出る。あちこちでいい場所を作っていましたが、それらで2位を取られて居て結局追いつきづらい状態に。最後、建設中の使い方に気が付いて邪魔な場所を作っておいて、終了。提督と同率1位。

・エケトープ
ストーンエイジバイキング版。拾ってくるか、他人から奪ってくるか。
序盤調子よく取りすぎ、頭1つ抜け出す。その後ガンガン狙われ続け、戦闘でもやられ、気が付くと常に4~5コマしか居ない状態に。その後提督は着々と草を伸ばし、侍も堅調に進める。自分は攻められたときに防御なしで壁を豪快に壊されたため、あとから過剰防御に。これが最後まで微妙に響いて完成しない状態で終了。提督が完成をさせたものの、配置材料の高さから侍がトップで終了。自分は3位。

ということで、おつかれさまでしたー
長いゲームが多かったので、ゲーム数は少ないのですが、がっつり出来ました。
ギャラリー
  • エッセン旅行記2012 その9
  • エッセン旅行記2012 その9
  • エッセン旅行記2012 その9
  • エッセン旅行記2012 その8
  • エッセン旅行記2012 その8
  • エッセン旅行記2012 その8
  • エッセン旅行記2012 その8
  • エッセン旅行記2012 その8
  • エッセン旅行記2012 その7