ブログdeじゃむたん通信

日常やちょっとだけボードゲームのことなどゆるーくお伝えします

June 2007

クロコダイルパーティ

今日レビューをアップした、コスモスの2人用ゲーム。

クロコダイルパーティ。

詳しいことはレビューに書いてあるのですが、なんとも凄いテーマのゲームです。

ボードゲームは
「歴史や何かの元に沿ったしっかりとしたテーマ」
「何だか良くわからないテーマ」
この2極化が面白い気がします。

f6aff47e.jpg
そしてその片方に位置する、クロコダイルさん。
何と言うか、泳いでいてる人の正体が「ワニ」。
それもいきなりです。ファンタジーです。ファンタスティックです。
でもその唐突さがシステムと相まっている気がします。

実はワニだらけのプールで、何故か対面にたどり着かないといけないシュールさ。
この「間」がいいのかもしれません。


それと、ボードゲームでレビューを書いている
「Table Games in the World」(おのさん)からリンクをしていただきました。
非常に見やすく、数多くのレビューが写真付でアップされています。
また、ドイツゲーム用語辞典はドイツ系ゲームをやる上で必見です!
箱やルールに書かれている謎の記号の意味が少しずつわかってきます。


プッシーキャット

1eadf985.jpg
今日やったボードゲームは2人用の「子猫ちゃん」。
猫が木に登るというほのぼのとしたゲーム・・・かと思いきや、なんとも全力殴り合い系のゲームでした。
2ラウンド制で序盤はふつうに場の埋めあいになりますが、後半は読みよりもカードの引きという感じ。

後日レビュー、詳しくレビューを書く予定です。

それにしても、2人用ゲームを色々考えるなーと結構関心するわけであります。
そのうちゲームを作れたらいいな、と思うのですが、そのときも恐らく2人用からと思っています。



砂漠を越えて、数独。

文字をつなげてみると、なんか違う感じになります。

428c0407.jpg
今日はボードゲームの「砂漠を越えて(リメイク版)」「数独カードゲーム」をプレイしました。

砂漠を越えてのリメイク版は、ラクダのコマがちょっと立派です。
プレイは惨敗でした。初期配置の失敗と手順での失敗が響きました(響くというか、それが全てな気がするんですが)

数独カードゲーム、序盤は置き放題なんですが、中盤から息苦しい展開が続きます。結果は同点でした。

両方とも2人プレイでしたが、2人プレイでも十分面白いです。
詰めのゲームの要素も出てくるので、カリカリしたプレイになります。

問題は、砂漠を越えてのルールを一部間違えてプレイしていました。
水場のタイルを隠したままプレイしてたのですが、これって配置後にオープンするのでは?

ゲームのレビューは近いうちにアップ予定。
お楽しみに~

レビューについて

このところ、忘れないうちにということで怒涛のようにレビューを書いています。
以前やった合宿のレビューは書き溜め。そしてじゃむたん定例会のレビューも殆ど書き溜めに入りました。

問題は、大分前にやった郵便馬車~北部マップ~がすっかり忘れていて後回しになっていることです。
これはまあ、ゆっくり書きます。

1回のレビュー作成では30分くらい掛かります。
調べることがあるものについては倍くらい掛かる場合もあります。

今のところ、170ちょいほどのレビューのようです。
目指せ200レビューを目標に、頑張っていきたいと思います。

ドイツ年間ゲーム大賞2007

どうやら、ドイツ年間ボードゲーム大賞2007は「ズーロレット」に決まったようです。
M・シャハト氏もAbacus社も初の大賞受賞です。
まだ未プレイ、持っていないのですが、やってみたい商品でチェックしていました。

パンダのイラストが目印の目立つゲームです。

動物園運営ゲームだったと思うのですが、どんな感じでしょうか。
ギャラリー
  • エッセン旅行記2012 その9
  • エッセン旅行記2012 その9
  • エッセン旅行記2012 その9
  • エッセン旅行記2012 その8
  • エッセン旅行記2012 その8
  • エッセン旅行記2012 その8
  • エッセン旅行記2012 その8
  • エッセン旅行記2012 その8
  • エッセン旅行記2012 その7